大阪市立美術館

美術館について

美術館の歩み

美術館の歩み

大阪市立美術館は、市民が優れた美術文化に接する機会を提供し、生活に潤いをもたらすとともに、美術家の活動を助成し、広く大阪の文化振興に資することを目的として、昭和11年5月に開館しました。
美術館は天王寺公園の中に位置していますが、その敷地は住友家の本邸があった所で、美術館の建設を目的に庭園(慶沢園)とともに大阪市に寄贈されたものです。
美術館は設立当初の本館と、平成4年に美術館の正面地下に新設した地下展覧会室からなります。地上3階、地下2階からなり、本館陳列室では、特別展覧会やコレクション展示を開催しています。
平常展示では購入や寄贈によって集まった日本・中国の絵画・彫刻・工芸など8000件をこえる収蔵品と、社寺などから寄託された作品を随時陳列しています。これらの作品には国宝や重要文化財に指定された作品も多く含まれています。また地下展覧会室では、常時様々な美術団体が主催する展覧会を開催しています。
本館地下には美術館に付設されている美術研究所があり、素描、絵画、彫塑の実技研究を行っています。

美術館の歩み略年譜

略年譜
大正 9 年 3月30日、市議会の決議により美術館設立が議決される
4月、設立のための調査委員会が設置される
大正 10 年 12月、住友家が美術館建設を条件に茶臼山本邸寄付を大阪市に申し出る
昭和 3 年 美術館地鎮祭が行われる
昭和 4 年 美術館上棟式
昭和 5 年 鉄筋コンクリート工事が竣工するが、世界恐慌により工事中断
昭和 9 年 美術館工事再開、外装工事が竣工
昭和 11 年 5月1日、大阪市立美術館開館 落成記念展は「改組第一回帝国美術展」
昭和 17 年 阿部コレクション中国絵画の寄贈を受ける陸軍による接収をうける
昭和 18 年 小西家旧蔵光琳資料の寄贈をうける
昭和 19 年 住友家より関西邦画展出品作の寄贈を受ける
昭和 20 年 第二次世界大戦終戦連合国軍による接収を受け、事務所を移転する
昭和 21 年 寄寓先の旧精華国民学校内に美術研究所を開く
昭和 22 年 美術館接収解除される
昭和 23 年 美術館での展示活動を再開する
昭和 26 年 博物館法の制定により教育委員会に移管される
昭和 52 年 大改修を行う(昭和54年度まで ) 山口コレクション中国仏教彫刻・工芸の譲渡を受ける(昭和53年度まで)
昭和 55 年 田万コレクションの寄贈を受ける
昭和 56 年 カザールコレクション漆工の譲渡を受ける(昭和59年度まで)
昭和 62 年 天王寺公園が有料化される南館の美術団体展展覧会場の一部がアベノベルタに移転し、それに伴い本館南館の一部が常設展示展会場となる
平成 4 年 美術館正面 地下に展覧会室を新設し、南館とアベノベルタの美術団体展 展覧会場を統合移転する。南館は常設展示会場となる
平成 7 年 小野コレクション 中国石仏の譲渡を受ける(平成14年度まで)
平成 9 年 南館2階陳列室を改修する(平成10年度まで)
平成 11 年 南館1階陳列室の一部を改修する
平成 17 年 「人にやさしい街づくり」事業にて、スロープ・乗用エレベーターなどの整備を行う

美術館の各種活動

ギャラリートーク

特別展やコレクション展にあわせて、随時学芸員がそれぞれの専門分野の展示作品についての解説を行っております。

美術館へ行こう

「美術館へ行こう」は大阪市内の小中学生を対象にした夏の恒例行事です。  当館付設美術研究所の講師が、粘土による塑像制作、石膏・人物デッサン等の実技指導を行います。

TOPに戻る