大阪市立美術館

日本・中国の仏教彫刻

会期
2018年7月31日(火)~9月1日(土)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日(ただし8月13日は開館)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

中国南北朝時代から明時代にいたる1000年間の仏教彫刻、そして平安、鎌倉時代を中心とする日本の仏教彫刻を一堂に展示します。制作された地域や時代により移り変わる、「ほとけのすがた」をぜひご覧ください。

主な作品

石造 菩薩五尊像龕

中国南北朝時代・北周保定5年(565) 
本館蔵(山口コレクション)

重要文化財 木造 四天王立像[持国天] 

平安時代・12世紀
大阪・大門寺

TOPに戻る