大阪市立美術館

千花百果-四季をめぐる中国書画

会期
2017年9月2日(土)~10月1日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

寒い冬を越えれば必ず暖かい春がやってきて、花が咲き実を結ぶ季節を迎えます。四季の花々や果実は古くから画題とされ、装飾的な美しさのみならず、吉祥の含意、ときに人格を象徴的に表すものでした。身近で親しみやすい花卉を中心とした作品をお楽しみいただきます。

主な作品

四時果実図(4幅)

趙之謙

清・道光21年(1841)
本館蔵(阿部コレクション)

TOPに戻る