大阪市立美術館

美術館について

美術館の歩み

美術館の歩み

大阪市立美術館は、市民が優れた美術文化に接する機会を提供し、生活に潤いをもたらすとともに、美術家の活動を助成し、広く大阪の文化振興に資することを目的として、昭和11年5月に開館しました。
美術館は天王寺公園の中に位置していますが、その敷地は住友家の本邸があった所で、美術館の建設を目的に庭園(慶沢園)とともに大阪市に寄贈されたものです。
美術館は設立当初の本館と、平成4年に美術館の正面地下に新設した地下展覧会室からなります。地上3階、地下2階からなり、本館陳列室では、特別展やコレクション展を開催しています。
コレクション展では購入や寄贈によって集まった日本・中国の絵画・彫刻・工芸など8500件をこえる館蔵品と、社寺などから寄託された作品を随時陳列しています。これらの作品には国宝や重要文化財に指定された作品も多く含まれています。また地下展覧会室では、常時様々な美術団体が主催する展覧会を開催しています。
本館地下には美術館に付設されている美術研究所があり、素描、絵画、彫塑の実技研究を行っています。

美術館の歩み略年譜

略年譜
大正 9 年 3月30日、市議会の決議により美術館設立が議決される
4月、設立のための調査委員会が設置される
大正 10 年 12月、住友家が美術館建設を条件に茶臼山本邸寄付を大阪市に申し出る
昭和 3 年 美術館地鎮祭が行われる
昭和 4 年 美術館上棟式
昭和 5 年 鉄筋コンクリート工事が竣工するが、世界恐慌により工事中断
昭和 9 年 美術館工事再開、外装工事が竣工
昭和 11 年 5月1日、大阪市立美術館開館 落成記念展は「改組第一回帝国美術展」
昭和 17 年 阿部コレクション中国絵画の寄贈を受ける陸軍による接収をうける
昭和 18 年 小西家旧蔵光琳資料の寄贈をうける
昭和 19 年 住友家より関西邦画展出品作の寄贈を受ける
昭和 20 年 第二次世界大戦終戦連合国軍による接収を受け、事務所を移転する
昭和 21 年 寄寓先の旧精華国民学校内に美術研究所を開く
昭和 22 年 美術館接収解除される
昭和 23 年 美術館での展示活動を再開する
昭和 26 年 博物館法の制定により教育委員会に移管される
昭和 52 年 大改修を行う(昭和54年度まで ) 山口コレクション中国仏教彫刻・工芸の譲渡を受ける(昭和53年度まで)
昭和 55 年 田万コレクションの寄贈を受ける
昭和 56 年 カザールコレクション漆工の譲渡を受ける(昭和59年度まで)
昭和 62 年 天王寺公園が有料化される南館の美術団体展展覧会場の一部がアベノベルタに移転し、それに伴い本館南館の一部が常設展示展会場となる
平成 4 年 美術館正面 地下に展覧会室を新設し、南館とアベノベルタの美術団体展 展覧会場を統合移転する。南館は常設展示会場となる
平成 7 年 小野コレクション 中国石仏の譲渡を受ける(平成14年度まで)
平成 9 年 南館2階陳列室を改修する(平成10年度まで)
平成 11 年 南館1階陳列室の一部を改修する
平成 17 年 「人にやさしい街づくり」事業にて、スロープ・乗用エレベーターなどの整備を行う

館長メッセージ

館長メッセージ

大阪市立美術館は昭和11年5月に開館した、日本で三番目に古い公立美術館です。コレクションは日本、東洋の古美術品を中心に8500件を数え、わが国屈指の質の高さを誇っています。その多くは市民による寄贈で、まさに市民が育てた美術館と言って良いでしょう。また、特別展では海外の美術館展も開催されます。大阪市の美術館なのに大阪市以外の美術品が展示されるのはなぜ?と思うかもしれません。その理由は、大阪市にいながら日本全国、さらに世界の名品を鑑賞するためです。言い過ぎではなく、大阪で世界を知るためです。戦後になって施行された社会教育法や博物館法よりも早く、大阪市民は自らの手でそれを成し遂げたのです。

私は館長に就任するにあたり、この理想と歴史を重く受け止めています。と同時に市民の期待とニーズに応える姿勢を大切にしたいと考えています。大阪市立美術館は今秋より2年半に及ぶ改修工事に入ります。2025年春のリニューアルオープンでは、さすが大阪市の美術館はおもろいことしよる、と言っていただけるような姿で戻ってきたいと思います。

2022年4月
大阪市立美術館館長
内藤 栄

プロフィール

1960年埼玉県生まれ。筑波大学大学院博士課程芸術学研究科退学。サントリー美術館で8年間学芸員として務め、「オランダ美術と日本」展や「女神たちの日本」展などを企画した。35歳で奈良国立博物館に移り、工芸室長、工芸考古室長、学芸部長などを歴任した。同館では毎年秋に開催される正倉院展を長年担当したほか、「仏舎利と宝珠」、「古密教」、「白鳳」、「糸のみほとけ」などの特別展を企画した。専門は仏教工芸史で、仏舎利の信仰に関わる美術工芸、密教工芸、正倉院宝物に対して特に関心を持って研究している。45歳で筑波大学より舎利荘厳美術の研究で博士号(芸術学)を授与された。著書に『舎利荘厳美術の研究』(2010年、第22回國華賞受賞)、『舎利と宝珠』(2011年)がある。

TOPに戻る