大阪市立美術館

生誕150年記念 

船場の絵描き 庭山耕園 ― 近代大阪の四条派 ―

会期
2019年12月18日(水)~2020年2月9日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。)12月28日(土)~1月4日(土)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

庭山耕園(1869-1942)は、明治2年に姫路で生まれ、大阪の船場を中心に活躍した絵師です。四条派の上田耕冲(1819-1911)に師事し、写生を基本に季節感あふれる瀟洒な花鳥画を多く描きました。床の間に飾られ、部屋との調和が大切にされた耕園の作品、いわゆる「床映り」が重視された作品は、大阪の人々に広く親しまれました。
生誕150年を記念し、館蔵・寄託の作品により耕園の画業をご紹介します。近代大阪が育んだ船場文化の風情をお楽しみください。

主な作品

庭山耕園 《雨中燕子花図》 

近代 本館蔵(庭山慶一郎氏寄贈)

庭山耕園 《八重桜五雀図》 

大正14年(1925)本館蔵(庭山慶一郎氏寄贈)

TOPに戻る