大阪市立美術館

中原の古法 ― 北朝石刻書法 ―

会期
2020年2月22日(土)~2020年3月22日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

439年から589年の間、中国では南北に王朝が並立し、南北朝時代と呼ばれます。南朝の優美な書とは異なり、北朝では隷書から独特の雄渾な楷書が発達し、隋・唐時代の整った楷書に連なります。碑・墓誌・造像銘・摩崖などの石刻に遺された、北朝書法の多様な姿をご覧ください。

主な作品

《元詳墓誌》(部分)  

北魏・永平元年(508)
本館蔵(師古斎コレクション)

TOPに戻る