大阪市立美術館

古代エジプト コプトの美術

会期
2020年5月12日(火)~6月14日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで) ※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

コプトとは、エジプトにおけるキリスト教者、コプト教徒のことです。3世紀から12世紀頃にかけて、彼らは地中海文化の影響を受けた文様で衣類などを飾りました。本展では館蔵・寄託の染織や建築装飾を通して、コプトの美術をご紹介します。

主な作品

《撚縄十字文綴織袖飾裂》(部分)

コプト 7-8世紀 本館蔵

《人面葡萄唐草文浮彫壁材》

コプト 5-7世紀 本館蔵

TOPに戻る