大阪市立美術館

風俗画と美人画

会期
2019年8月10日(土)~2019年9月29日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし、8月13日は開館)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

日本における風俗画は、近世初期に多く描かれるようになり、それに続けて単独の女性を描いた美人画が盛んに制作されました。そして、江戸時代中期には浮世絵として多くの人々に親しまれるようになります。太平の世に花開いた風俗画と美人画の世界をお楽しみください。

主な作品

重要文化財《潮干狩図》 葛飾北斎

江戸時代・19世紀初期 本館蔵(中島小一郎氏寄贈)

TOPに戻る