大阪市立美術館

没後50年 浪華の女性画家 島成園

会期

2020年9月5日(土)~10月11日(日)

時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。ただし9月23日(水)は開館) ※災害などにより臨時に休館となる場合があります。
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

島成園(1892-1970)は、堺に生まれ大阪を中心に活躍した女性日本画家です。弱冠20歳で第6回文展に入選するなど早くから頭角を現し、さらには「美人画」の領域を越えた衝撃的な作品を発表して注目されました。

当館には、画家本人および遺族から寄贈された88件の作品が所蔵されています。没後50年にあたり、それらの作品を通して成園の画業を振り返ります。大正期の大阪を駆け抜けた女性画家の輝きをご覧ください。

主な作品

島成園《無題》

大正7年(1918) 本館蔵(森本美津子氏寄贈)

※島成園《伽羅の薫》大正9年(1920)の展示はございません。ご了承ください。

TOPに戻る