大阪市立美術館

よそおいをうつす ― 和鏡 ―

会期
2019年8月10日(土)~2019年9月29日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし、8月13日は開館)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

鏡は人の姿を映し出し、化粧や装いに用いられます。鏡の背面には文様が鋳出され、その時代の世相や文化が映しされます。ここでは平安時代から江戸時代にかけて日本で製作された鏡を紹介いたします。装いの文化を映し出す和鏡の世界をご堪能ください。

主な作品

《青銅 亀甲双雀文鏡》

室町時代・15世紀 本館蔵

TOPに戻る