大阪市立美術館

【予告】仏像 中国・日本

会期

2019年10月12日(土)~12月8日(日)

時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館) ※災害などにより臨時で休館となる場合あり。
料金

一般 1,400円(1,200円)、高大生1,100円(900円)

※( )内は、前売および20名以上の団体料金

※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。

※チケットは、京阪神の主要プレイガイド、コンビニエンスストアで販売予定。

主催
大阪市立美術館、読売新聞社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿

概要

日本にはいつの時代にも中国でつくられた多くの仏像や仏画が舶載され、それらが日本の仏像のすがたに大きな影響をあたえてきました。

本展では、まず「古代の人物表現 戦国〜漢時代」を踏まえ、「仏像の出現とそのひろがり」、「遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、「禅宗の到来と「宋風」彫刻」そして「新たな仏教・キリスト教との出会い」の各章を通じ、中国南北朝時代から明・清時代まで1000年をこえる仏像の移り変わりを、関連する日本の仏像と共にご紹介いたします。

 

主な作品

石造 菩薩交脚像龕(部分) 

中国南北朝時代・北魏 大阪市立美術館

重要文化財 木造 観音菩薩立像(部分)

隋時代 大阪・堺市博物館

石造 如来坐像

唐時代 東京・永青文庫

重要文化財 木造 釈迦如来立像

鎌倉時代正治元年(1199) 京都・峰定寺

木造 諸尊仏龕

元時代 京都・知恩院

木造 烏将軍[迦楼羅王]立像

元〜明時代 福井県立若狭歴史博物館

金銅 観音菩薩坐像

明時代 奈良・薬師寺

TOPに戻る