大阪市立美術館

リニューアルオープン記念特別展

What’s New! 大阪市立美術館 名品珍品大公開!!

会  期

2025年(令和7年)3月1日(土)~3月30日(日)

※本展は予約制ではありません。
※館内混雑時は、入館制限を行う場合があります。
※会期中、一部展示替えがあります。
※災害などにより、中止・延期・変更となる場合があります。

休 館 日

月曜日
※災害などにより臨時で休館となる場合があります。

主  催
大阪市立美術館、毎日新聞社

概要

大阪市立美術館では、2025年3月1日(土)から2025年3月30日(日)まで、リニューアルオープン記念特別展「What’s New! 大阪市立美術館 名品珍品大公開!!」を開催します。

大阪市立美術館は、約2年半に及ぶ大規模改修工事を経て2025年3月1日にリニューアルオープンいたします。建築は登録有形文化財(建造物)に登録されているため、外観は大きくは変わりませんが、それでも本館と地下展覧会室の入口を一体化したバリアフリーのエントランスや、慶沢園を臨めるテラスを設けました。内装では、収蔵エリアの拡大や空調設備を一新したほか、エレベーターやエスカレーターの増設、ワークショップスペースの設置など、現代の美術館にふさわしいものとなりました。また無料開放エリアを設けるなど、ひらかれた美術館へと生まれ変わっています。

1936年(昭和11年)5月1日に開館して以来、充実が図られてきた収蔵品は、日本・東洋美術を中心として、約8,500件にのぼります。リニューアル後最初の展覧会は、全館を使用して、絵画や書蹟、拓本、彫刻、漆工、金工、陶磁、考古など分野ごとに選りすぐりの作品約200件を一堂に展観します。当館を代表する名品たちに加え、これまであまりご紹介する機会のなかった作品も織り交ぜ、大阪市立美術館の「変わらぬ魅力と新たな魅力」をお伝えします。作品たちとの再会と新たな出会いをお楽しみください。

この展覧会は、全作品の撮影が可能です。(フラッシュ撮影および三脚の使用はご遠慮ください)

主な展示作品

会期中、一部展示替えがあります。

《青銅鍍金銀 羽人》

中国・後漢時代・1~2世紀 大阪市立美術館蔵(山口コレクション)

勝部如春斎《小袖屏風虫干図巻》

江戸時代・18世紀 大阪市立美術館所蔵

《石造菩薩立像頭部》

[中国河南省・龍門石窟賓陽中洞将来] 中国・北魏・6世紀 大阪市立美術館蔵(江口治郎氏寄贈)

《青磁染付 青海波宝尽くし文皿》 鍋島焼

江戸時代・18世紀 大阪市立美術館蔵(田原コレクション)

上村松園 《晩秋》

昭和18年(1943) 大阪市立美術館蔵(住友コレクション)

鄭思肖《墨蘭図》

中国・元時代・大徳10年(1306) 大阪市立美術館蔵(阿部コレクション)

重要美術品 《大般若経(薬師寺経)》

奈良時代・8世紀 大阪市立美術館蔵(田万コレクション)

《魚介蒔絵杯》(3枚のうち)

銘 羊遊斎 江戸-明治時代・19世紀 大阪市立美術館蔵(カザールコレクション)

重要文化財《銅 湯瓶》

鎌倉時代・13-14世紀 大阪市立美術館蔵(田万コレクション)

佐伯祐三《教会・パリの裏街》

大正13年(1924) 大阪市立美術館蔵

チラシ

作品リスト

TOPに戻る