大阪市立美術館

【開幕延期】揚州八怪

【開幕延期】揚州八怪

会  期

2021年6月12日(土)~8月15日(日)
2021年4月25日(日)~6月20日(日)まで臨時休館いたします。
ご観覧を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申しあげます。
※展示替えあり。
(前期:6月12日~7月11日、後期:7月13日~8月15日)
※新型コロナウイルス感染症の流行状況により、入場制限等を行う場合があります。
※災害などにより、中止・延期・変更となる場合があります。

時  間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日

月曜日(8月9日は開館)
※災害などにより臨時で休館となる場合があります。

観覧料(税込)

一般1,500円(1,300円)
高大生1,000円(800円)

※括弧内は、前売料金。
※前売券は、5月21日(金)から6月21日(月)まで販売。
・ペア前売券(ローソンチケット限定)2,600円
・グッズ付き前売券(イープラス限定)2,200円
※チケットの主な取扱先:ローソンチケット、イープラス、セブンチケット
(チケットの詳細は、公式HPをご確認ください。)
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。

主  催
大阪市立美術館、読売新聞社
後 援
公益財団法人大阪観光局
協 賛
きんでん、清水建設、非破壊検査
特別協力
上海博物館

公式サイト

概要

揚州八怪は、清時代18世紀に揚州という都市を舞台に、先進的で個性あふれる創作をおこなった書画家たちであり、後世の批評家が選んだ8人の呼び名です。日本において揚州八怪の芸術がまとまった形で紹介された機会はごくわずかであり、大阪市立美術館では1969年以来、じつに52年ぶりの開催となります。揚州八怪の魅力は、洗練された筆墨による創意あふれた制作はもちろんのこと、ときに挫折や身の不自由に苦しみながら、それらを芸術に昇華していった各個の人間性にあります。本展では、日本国内に収蔵される関係作品を含めた73件と、中国屈指の収蔵を誇る上海博物館の協力のもと、精細な画像によって八怪の名品を補い、揚州八怪の全容に迫りたいと思います。中国書画の伝統を近代まで切り開いた先進的な彼らの芸術を、この機会に存分にお楽しみいただければ幸いです。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、来日の予定であった上海博物館の作品は、画像でのご紹介となります。ご理解・ご了承賜りますようお願い申し上げます。

ご来館の皆さまへ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当館では下記のとおり対応いたします。

●入口ほか各所に消毒液を設置しております。
●お客様およびスタッフへの感染防止のため、マスク・手袋を着用しております。
●展示室内の混雑緩和のため、やむを得ず入場制限を行う場合があります。
●多くのお客様が触れられる箇所は清掃の強化、消毒を行っております。
●作品保護の観点から会場内の温湿度を一定にしています。体調管理しやすい服装でのご来館をお勧めいたします。

ご来館の皆さまにおかれましても、感染予防にご協力のほどお願い申しあげます。
詳しくは、下記『ご来館の皆さまへお願い(PDF)』をご確認ください。

当館では、大阪府の「大阪コロナ追跡システム」を導入しています。
★大阪コロナ追跡システムとは…
http://www.pref.osaka.lg.jp/smart_somu/osaka_alert/index.html
QRコードは施設によって異なるため大阪市立美術館へのご来館後にご登録いただけます。
(QRコードの読み取りができない方は、館内でご連絡先のご記入をお願いいたします。
記入様式PDF】)

TOPに戻る