大阪市立美術館

うるわし漆椀 朱・黒

会期
2019年10月26日(土)~2019年12月8日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

漆は堅牢性、殺菌性に富む天然の樹脂塗料です。その優れた性能は人の生活に深く息づき、食卓を彩る飲食器にも適うものでした。今回は江戸時代を中心とする漆椀を紹介するとともに、根来や漆絵などに通有する、大らかな塗りや加飾技法の世界もご覧に入れます。

主な作品

《二重亀甲花菱紋散蒔絵椀》 

江戸時代 個人蔵

ギャラリートーク

日時:12月8日(日)11:00~(約15分)
集合場所:展示室入口

作品リスト

TOPに戻る