大阪市立美術館

よそおう ― 化粧道具 ―

会期
2019年8月10日(土)~2019年9月29日(日)
時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※災害などにより臨時に休館となる場合あり。
休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし、8月13日は開館)
料金

一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
※団体料金は20名以上。

開催概要

古より「色の白きは七難隠す」という諺があるように、これは江戸時代の女性にも存在した美意識であったようです。当時は、白粉をはじめとする化粧の慣習が一般にも広がり、様々な形状の化粧道具が生まれた時代でもありました。紅板と称する携帯用のリップパレットが登場するのもこの頃からで、蒔絵・象嵌などで美しく装飾され、重宝されました。本展示では、江戸時代の化粧道具を中心に紹介いたします。

主な作品

《菊木地蒔絵紅板》(身部分)

江戸時代後期-明治時代初期・19世紀 本館蔵(カザールコレクション)

TOPに戻る